All Generic information & Private Import

新着情報一覧

海外医薬品の通販

海外の医薬品を通販で購入する人が今非常に増えています。近年、薬を通販で購入することが法律で認められてから、医薬品の通販業界が注目を浴びており、それと比例して海外からジェネリック医薬品を個人輸入する人も増え、今や病院に行かず処方箋なしでお薬を入手するのが当たり前と化しています。海外から医薬品を通販で購入するほとんどの人がすでに日本で使ったことのある薬ということが分かっており、それぞれメリットとデメリットがあります。
海外医薬品のメリット
  • 薬の価格が圧倒的に安い
  • 多くのジェネリックが存在しそれはさらに安い
  • 処方箋がいらず医師の診察料がかからない
  • 海外医薬品のデメリット
  • ネットで注文してから到着まで2週間ほどかかってしまう
  • 届いた際に箱が潰れているなど配送品質が悪い
  • 日本の医薬品のメリット
  • その場で薬が手に入る
  • 医師に処方してもらう薬なので安心
  • 日本の医薬品のデメリット
  • 海外の医薬品の比べ圧倒的に値段が高い
  • 病院に足を運ぶ手間がかかる
  • このようにそれぞれのメリット・デメリットがあります。個人輸入に関してはあくまで自己責任で本人のみがその薬を使うことが許されています。個人輸入で入手したお薬を他人に譲渡してしまうと法律違反になってしまうので注意が必要です。また、個人輸入で入手したお薬を使用して重大な副作用を発症したとしても日本からの保障はありません。これらを理解した上で海外医薬品を通販で購入するのは、とても安いですしうまく利用すればきっと経済的にもやさしくなるはずです。